いじめ調査

自ら命を絶つ子供が増えており、その原因の殆どは「いじめ」によることと言われています。

自殺するまでに至らなくても、公にならないいじめはかなりの数とも言われており、年々増加、更に学校側も認識していないいじめも数多く存在しています。

いじめにより精神的に追い込まれ、自殺するまでには至らなくても登校拒否や引きこもり、精神疾患などを患ったりしています。

最近のいじめとはどういったものでしょう。

以前よりもその実態は陰湿になったと言われています。

確かに以前よりある仲間外れ、無視、グループからの暴行、悪事への強要などもありますがネット環境の充実化に伴い、またスマートフォンなどの所有する低年齢化も加わり、以前は少人数によるいじめであったものがクラス全員参加であったり、近郊への広がりも目立ち、また虐めの原因となる誹謗中傷の記事がネットにより拡散されているというのが現状です。

いじめの対象となった子供にとっては逃げ場を失ったのも同然なのです。

またそういった子供にも自尊心はあります。

学校などでいじめに遭っているとは親や兄弟にもなかなか言えないのです。

もし親などにいじめに遭っていると話したとすればかなり追い込まれている状況と判断した方が賢明でしょう。

仲間はずれ、無視などであればまだまだいじめとしては軽い方なのかもしれませんがそれでも子供に取っては精神的にはかなり辛い状況でしょう。

それがエスカレートしてくると暴行、傷害、窃盗などへと発展していきます。

洋服が頻繁に汚れていたり、怪我をして帰宅してきたりと外見上からでも判明してくる状況が伺われます。

またゲーム機などの玩具、文房具などが無くなっていたり、小遣いが足りないと思われるとカツアゲに遭っている可能性もあります。

この点については子供の持ち物や小遣い状況を日頃から観察していなければ判りません。

暴行、傷害、窃盗などは刑事事件でも立件できる犯罪です。

また万引きなどの犯罪を強要させるいじめもあります。

もしお子様の様子に学校へ行きたくないとか、仮病を使い欠席するなど少しでも変化が見受けられたらいじめを疑って下さい。

子供なりのサインかもしれません。

どんなに自尊心が強くてもそれなりのサインは発信しています。

また学校側にその点を伝えても当初はまず認めませんし様子を伺っておきます程度の返答に終始します。

担任がクラスメイトを問い質しても正直に答えることは殆どなく、逆に先生に告げ口したと思われ、いじめが激しくなったりしてしまいます。

大事なお子様が少しでもいじめに遭っていると察したら探偵にご相談下さい。

いじめ調査では登下校の際の状況から帰宅後の行動までを監視、更にご希望であれば学校の休み時間などの言動を盗聴器で録音いたします。

こういった調査でいじめの実態が証明されれば証拠として残し、その証拠を学校側に提示することよって対応も早く、また陰湿ないじめについては警察などへの相談もスムーズで的確な処置を講じることも簡単です。

いじめられているという証拠を押さえることができれば加害者の親御さん、学校関係者、警察関係などにも有意義な効力を発揮致します。

結果、短期間でお子様を救えるのです。

「いじめ」という陰湿な行為に大事なお子様が遭われていると感じたら当探偵事務所にご相談下さい。

当探偵事務所はお子様をお守りするだけの実績、技術を持っております。

守秘義務も徹底としており安心して御依頼ください。