不倫の証拠

不倫に関わる調査は「経験が無ければ手掛けることが出来ない」と言えます。何故、それ程経験値が重要視されるか理由をご説明するならば「複雑なトラブルに発展する可能性が高い」事が原因としてあげることができます。多くの不倫調査は「不倫をしている男女のどちらかが既婚者」であるため「離婚し不倫相手との生活を選ぶ」可能性が多分に存在しているのです。自ずと不倫調査を依頼する人物は離婚を視野に入れ「不倫の証拠を定期的に取得」することを念頭に調査を実施することとなるのです。

離婚が視野に入った調査は「離婚調停や離婚訴訟」になる要素が充分考えられるため「裁判資料」としての証拠能力を問われる不倫調査である認識が調査を実施する調査会社に必要とされます。

一般的に不倫調査を実施する調査会社が見逃すことが出来ない「裁判資料として証拠能力が高い具体的な状況」を簡単にご説明するならば「ある程度の期間にわたり複数回ホテルを利用した証拠」や「不倫を確認できる内容のメールやSNSのやりとり」などが有力な証拠と言える為、動かぬ証拠として撮影するのです。近年では不倫相手の自宅を頻繁に訪れる証拠を数多く取得することも証拠として認められやすい状況と判断される傾向にあります。

以上の状況以外にも「二人だけで温泉宿に泊まりがけで不倫旅行」なども証拠能力として機能しますが「一回きりの不倫旅行だった等の言い逃れ」をされない為に上記状況と合わせた「複数回の証拠」を提示する事が望ましい状況と言えるのです。

全ての状況において「宿泊した建物の出入りを撮影」が重要な証拠となることが理解していただける事でしょう。それに加えて「手を繋いで行動」や「腰に手を回して行動」等の外出時に密着した男女の間柄である証拠も「有効な状況証拠」であると言えます。長時間にわたり大人の男女が二人だけで過ごす状況や「性交が可能な施設を利用」する状況等も見過ごす事が許されない「不倫の証拠」となるため「調査員のきめ細かい判断能力が現場調査に必要」とされるのです。

不倫調査の実績や経験値が高い調査会社の調査員による証拠取得は「高い証拠能力」を念頭に実施されていることがご理解いただけることでしょう。