絶対にしてはならない探偵選び

絶対にしてはならない探偵選びは存在します。代表的な探偵選びの失敗例は「依頼した探偵が調査に関わる地域に拠点が無い」等が最も多く、続いて失敗例として目立つことは「ご自身が要望する調査を得意としない探偵や興信所に依頼」してしまうことなのです。

このような探偵選びの代表的な失敗は簡単な事で事前に防げると言えます。

まず、これらの失敗を無くすために欠かせない準備は「探偵の選び方」に注意することが重要となります。多くの探偵や探偵事務所・興信所・調査会社は「数多くのサイトを運営」しているのです。そのようなサイトを見て安易に探偵に連絡し相談してしまう行為が「探偵の拠点を認識しないまま依頼」との状況を生み出す原因となってしまっているのです。

調査を依頼しスムーズに調査結果を得たいならば「調査に関わる地域に拠点を持つ探偵や興信所に依頼」する事が最低限の条件となっているのです。

当たり前のことですが調査現場に行き着くために時間が必要な探偵(調査現場の近隣に存在しない)に調査を依頼してもメリットは少なく無駄が多く存在します。こと緊急な調査には一切対応が効かない場合が殆どであり、依頼者は遠回りな調査を強いられる傾向になるでしょう。実際に調査依頼をしてしまってから「このようなデメリットに気ついて」も後の祭りであり、既に着手してしまっている調査を途中で打ち切る行為は「後戻りし難い状況」と言えるでしょう。

このような状況に陥る前に「必ず探偵の拠点を確認し、調査契約は拠点に足を運び実施する」行為が重要と言えるのです。相談契約時点で最低限必要な「探偵の規模を確認」するメリットも存在し、調査を依頼する時点で依頼先を知ることは「依頼先として相応しい探偵かの判断材料」ともなるのです。

続いて「探偵や興信所の得意事項を事前に理解」し依頼先を最も適した業者とする方法ですが、調査を相談する際に「調査に要する手法や期間を必ず訊く」ことが重要になります。

複数社の探偵や興信所に期間を訊くことにより「普段から手掛けている調査でスピーディーな対応が期待できる」かの判断材料が得られることとなります。A探偵は調査に最低一週間必要と回答したが、B興信所は調査に10日から二週間の調査期間を要するとの回答であったなどが「依頼前に探偵や興信所の比較情報」として得られたならば無駄なく適材適所に調査依頼できる可能性が高まるのです。

たわいもない当たり前の注意点なのですが「トラブルや問題を抱えた心情」で失敗なく注意深く「探偵や興信所を見極める行為は簡単な行為では無くなる」傾向にあるので慎重に実施することが望ましいと言えるのです。